FX関連のよく出てくる簡単な用語をご紹介しています



※当サイトはリンクフリーです。
お気軽にリンクをお張りください。
尚、アダルト関連サイトや公序良俗に反するサイトからのリンクはお断り致します。


| よく出てくる用語

ここでは、FX取引を行う際に、よく出てくる用語をいくつかまとめておきたいと思います。

・ FX(エフエックス)

“Foreign Exchange”を略した、“外国為替証拠金取引”のという意味を表すときの用語。 また、“通貨証拠金取引”や“外国為替保証金取引”と表されることもあります。 FXと呼ばれるこのビジネスは、保証金(証拠金)を信託会社や関連会社に預託して、海外通貨を売買するというものが主な方法になります。

・外国為替(ガイコクカワセ)

通貨が異なる国同士が、スムーズに出入や決済が出来るために存在しているお金の代わりのもののことを、主に「外国為替」と表す用語。

・レバレッジ

小資金で大きな利益を得るという方法のことをレバレッジといいます。 レバレッジとは、日本語で「テコの原理」を意味する用語です。まさに“小さな力量で、大きな成果を生む”というイメージに沸いた通りの方法となります。

・スワップポイント(スワップ金利)

例えば、金利の額が違う二種類の外国通貨を選び(通貨ペア)、それを売買することによって発生する“金利差調整分”を利用して利益にするという方法で、一般的によく利用されている方法のようです。

・ 為替差益

レバレッジとは逆に、為替レートの変動によって利益につなげるという為替差益によって利益を得る方法です。

レバレッジの「テコの原理」のように、小さな出資でさらに大きな利益を得るというダイナミックな方法とは異なって、ゆっくりと自分の目標を見据えてトレードを続けるという方法になります。

・指値注文

これは、事前に売買の価格を決めておく方法になります。

・成行注文

予め為替チャートやレートなどの情報をチャックしておき、今現在のこの価格で売買したい!というタイミングに取引が行えるという方法になります。

・逆指値注文(ストップロス注文)

これは、あまり大きな損失を出さないために設定しておく方法です。 事前にある程度の値でロスカットをするように指定をし、ある値になったら取引をするという設定をしておく必要があります。

・IFD注文

売りと買いの両方を設定できる方法です。 予め、売りと買いの値を設定しておくことが必要になります。

・OCO注文

ふたつの注文(オーダー)を出し、どちらかが成立したら片方がキャンセルになるという方法になります。

・IFO注文

これは、IFD注文とOCO注文の両方を取り入れた方法になります。

・ デモトレード

本格的にFXを始める前に、一度デモンストレーションとして取引の練習が出来るサービスのこと。

・マージンコール

一度設定した、委託証拠金(保証金)などを必要に応じて変更することが出来るというサービスです。

・ ロスカット(ロスカット・アラーム/ロスカット・ルール)

マージンコールなどがあり、証拠金が大幅に落ちてしまった場合にこの取引を強制終了させるか?それとも、追加金を委託するか?というときに用いられる方法です。
せっかく取引を続けて来たのに、どうしようもない場合にはやはり取引を中断せざるを得ないことになるでしょう。出来ることならなるべく利用したくない方法かと思いますが、取引を続けた先に、利益が得られる確立が大きくない場合には、ロスカットを選択するしかないということになってしまいます。

以上のように、様々な難しそうな用語が取引の際に登場してきますが、分からない用語があった場合は、ないがしろにしないで必ず辞書やインターネットなどを活用して用語を調べるようにしましょう。