実際にFX取引を行う際の注意点などをご紹介しています



※当サイトはリンクフリーです。
お気軽にリンクをお張りください。
尚、アダルト関連サイトや公序良俗に反するサイトからのリンクはお断り致します。


| 実際の取引

実際にFX取引を行う際には、どのようなところに気を配っておけば良いのかについて、少し触れてみたいと思います。

>

・ 手数料

為替手数料とは、外国通貨を取り扱う時に発生する業者に支払う手数料のことを表します。 “手数料が無料”とうたっている会社でも、スプレッド手数料などである程度の手数料は発生しているものなのですが、やはり利益を得るために行っているビジネスですので、手数料はあまりかけたくないというのが本音になりますよね。 それから、為替手数料とは別に発生する“スプレッド手数料”ですが、これは取引(売り・買いどちらでも)が行われたときにはどうしても発生してしまいます。これも、各FX会社によって手数料が変わってきます。 なので、FX会社を決める際に予め各FX関連会社の手数料を比較してみるなど、ある程度調べておく必要があります。

・ 為替レートの動き

FX取引では、異なる通過の交換比率のことをいいます。 主に折れ線グラフで表示され、リアルタイムでその動向を確認することが出来ます。 国によってこの為替レートの動きは様々で、経済的に浮き沈みの激しい国はこのグラフのアップダウンがもちろん細かくなり、安定している国はなにかアクシデントやイベントがある場合に上下の変動が起こります。 なので、予めどの国の経済が安定していて、どの国は注意が必要か?など、予測しておき、取引の設定を行う際の参考にする必要があります。 それから、逆にこれまであまりマークしていなかった国のニュースがTVで流れていたとします。何か経済的に動きがありそうな予感がした時に、その国のレートをチェックすると取引に有効な動きを示していた・・・というようなこともあるかもしれません。

・ リスクの推測

損失を出すも出さないも、自分しだいとなりますので、そのリスクを負ったときの対応方法は予め準備しておいたほうが良いでしょう。 取引の設定の際に、マージンコールを用いて事前にリスク発生時に備えておくことも出来ます。これはある一定の値にレートが動いた際にアラートが届くようになっているのですが、このマージンコールがあった際にロスカットを回避するための方法があります。 それは、予め設定しておいた証拠金をさらに上乗せするか?それとも、この時点で多少の損失がありつつも決算してしまうか?それともポジション自体を変更してしまうか?のどちらかになると思います。

以上のように、実際に取引をするにおいて発生するリスクは予め「備えあれば憂い無し」の法則(?)備えておく必要があります。 ピンチに陥ってしまった場合に、どう早急に対応できるか?判断するか?というのがポイントになってくると思います。 あまりにも欲張りすぎて、どん底に陥ってしまうことのないように、備えられることは予め備えておきましょう。 FXを含めたこのようなビジネスは、あくまでも博打とは違うので、それを充分にふまえて取引を行って下さい。 それから、このように損失が発生した場合にもマージンコールのように、早急に対応し補助してくれるようなサービスを取り揃えた会社を選ぶ必要があります。 実際に、現在FXでビジネスをしている方の中には、複数の会社と契約をしている方もいるようです。 なので、最初に契約した会社で不備や不都合があれば、そこで無理に続けるのではなく、他の関連会社について調べてみると良いかと思います。 それでも、取引がうまく行かない場合は、もう一度FXについて勉強してみるのも良いかもしれません。