世界に沢山存在する通貨について、FXな視点からご紹介します



※当サイトはリンクフリーです。
お気軽にリンクをお張りください。
尚、アダルト関連サイトや公序良俗に反するサイトからのリンクはお断り致します。


| 各国の通貨

FXに関連して、各国の通貨やビジネス事情について少しご紹介してみたいと思います。
FXを利用したり、外国為替などを利用したワールドワイドなビジネスに興味のある方の中には、実際に好きな外国があったりどうしても気になる国があったりするのでしょうか?
ビジネスを行う上で、実質的な利益にばっかり夢中で、実はドルでもフランでもユーロでもなんでもいいやっと言ってしまう方もいらっしゃったりしませんか?
日本で近年増えてきたこのFXの取引ですが、やはり人気のある通貨が存在するのをご存知でしょうか?
日本人が知っている外国の通貨といえば、アメリカ諸国で使われているドルだったり、フランスのフラン、ヨーロッパ諸国で流通されるようになったユーロなどでしょうか?
世界に存在する通貨の数は、およそ150以上と言われており、通貨以上に世界には沢山の国々が存在しています。その存在する国々、どこにいてもこの外国為替を利用したビジネスが行えるというわけでしょう。

では、ここで日本の外国為替ビジネスにおいて、高金利などを理由にとても人気のある通貨を数個挙げてみたいと思います。

| 南アフリカ ランド

現在、最も注目を集めているといっていいのはこの南アフリカ ランドだと言われています。
南アフリカの経済は、高価な貴金属による貿易有名です。
しかし、国内情勢などがまだ不安定なので、情勢の影響で経済状況にも影響が出ることがあります。

| ニュージーランド ドル

ドルと言っても、アメリカで使われているUSドルだけではなく、アメリカ以外の20以上の国で使われている通貨です。ただし、ドルと一言でいっても、その各国それぞれの単価にあわせて価値が変わります。そして、FXなどの外国為替を用いるビジネスにおいてはニュージーランドで使われているドルを“ニュージーランド ドル”と呼ぶように、香港ドルやオーストラリアドルと国の名前が頭に付く形で表示されます。

| オーストラリア ドル

こちらもドルですが、オーストラリアの経済状況に合わせた価値になります。
オーストラリアドルの流通は、やはり大国アメリカなどと比べると低いので、農作物の不況なども影響し、変動があるときは急激にアップダウンすることもあります。

| メキシコ ペソ

北米との貿易が多いために、北米の経済状況に影響を受けることが多いようです。
そして、南アフリカやニュージーランド、オーストラリア同様に国産資源が豊富です。

| トルコ リラ

高金利な通貨として注目を集め始めています。
2001年の金融危機の際に、相場が変動式に変革されたのをきっかけに政策金利が高くなっています。トルコ国内の金融政策や国内情勢による影響が出易いという欠点はありますが、今後も目が話せない通貨ではないかと思います。

| アメリカ ドル

先進国の中でも経済大国と言われるアメリカですが、世界的にも基軸通貨として取り扱われる事が多く、世界最大の流出量を誇ります。
しかし、関連性のある外国が多い分、世界情勢や軍の派遣など様々な動向において経済的に変動が起こることもしばしば見られています。

以上に上げたように、国内資源量に伴う貿易状況において政策金利にも影響がある国の通貨が人気のようです。ちなみに、日本の政策金利は日本銀行が定期的に行っている金融政策決定会合で決定されるようです。それから、日本の円は世界三大通貨のひとつとされており、その中でも金利が一番低い国となっています。アメリカビジネスとの関連性が高いこともあり、アメリカ経済の影響を受けることも多くなっています。