「FX」について、初歩的なところから大まかにご紹介しています。



※当サイトはリンクフリーです。
お気軽にリンクをお張りください。
尚、アダルト関連サイトや公序良俗に反するサイトからのリンクはお断り致します。


| FXとは?

FXという言葉の意味をご存知ですか?
これは、“外国為替証拠金取引”を略して称される言葉です。
…といっても、急にFXやら為替やら、難しい言葉を言われても困るという方に、細かくご説明していきたいと思います。

このFXについて知るには、外国為替について知ることが必要となってきます。
外国と聞いて馴染みのある国をあげると、アメリカ、イギリス、フランス、ロシア、ドイツ、オーストラリアなどでしょうか
馴染みのある国以外にも、世界には数多くの国が存在しています。
各国内では、それぞれ流通している通貨が存在ありますよね。例えば、日本では“円/¥”ですが、アメリカやカナダなどでは“ドル/$”だったり。最近ではヨーロッパ諸国で流通している通貨の“ユーロ”というものもあります。
その様々な外国の通貨を、他の違った通貨の国で利用することはもちろん出来ませんよね。
海外へ旅行に行くとした時に、必ず手持ちの“円”を、その国の通貨に換えて使うことになると思います。
そこで、例えば・・・世界的に活躍している貿易会社があったとします、もしその会社が、一日に何百という国と取引をすることになったとします。そしたら、金銭の出入が必要なたびに通貨の変更を行っていては、大変なことになりますよね?
そうならないために、様々な国の通貨の価値(相場)を条件に基づいて管理している場所(市場)を利用して、為替というものに置き換えてスムーズに取引が行えるようにしてあります。
その通貨が異なる国同士が、スムーズに出入や決済が出来るために存在しているお金の代わりのものが主に“為替”と呼ばれるものになります。
・ ・・ここまでの説明は、納得いただけたでしょうか?
言葉足らずで、解釈しにくい箇所もあるかと思いますがご了承下さい。

さて、FXについて少しずつ触れていきたいと思います。
FXは→“Foreign Exchange”を略した、“外国為替証拠金取引”の意味です。
また、“通貨証拠金取引”や“外国為替保証金取引”と表されることもあります。
FXと呼ばれるこのビジネスは、保証金(証拠金)を信託会社や関連会社に預託して、海外通貨を売買するというものが主な方法になります。
国によってはある時、不況の影響で自分の国よりも通貨の価値(相場)が上がったり下がったりすることがありますし、もちろん私達が住んでいる日本も同じような状況があります。
そして、同じ商品でも売っている国が違うだけで値段の相違がありますよね。
このようにFXは、国内に限らず世界的に通貨の価値のアップダウンに乗って自分の利益を増大させるという目的で用いられることが多いです。
そして、取引先の相場によっては大きな損害になることもありますので、株の取引と同様に、FXを始めるためには充分な専門知識が必要になります。FX業者を選ぶのも重要です。FXランキングサイトやFXランキングの本などが多数ありますので、検討の際にはそのようなランキングを元に検討するといいでしょう。

それから、ニュースや新聞でよく見かける「円高、ドル安」という言葉ですが、それもこのFXを利用する時にとても重要な情報になります。
先ほども述べた話に関連していますが、ここでひとつ例を挙げてみたいとおもいます。
例えば、アメリカの1ドルが日本の円で100円だったとします。
そして、目の前にあるおもちゃが100円だったとします。
もちろん、このときドルにしたらそのおもちゃが1ドルで買えるわけですが、ある時急に、1ドルが90円に下がったとします。そうすると、1ドルで買えたそのおもちゃが、日本では実際には90円で買えてしまうという差額が発生します。
この場合、「円高、ドル安」という言葉で表現することが出来るのです。
このような差額を利用して利益を得る=“安く買って、高く売る”ということになります。

おすすめWEBサイト 5選

スカイグループ
http://www.skyclub.co.jp/

2017/1/24 更新